○第19回岡山行政法実務研究会のお知らせ

 第19回岡山行政法実務研究会(後援:(一財)地域公共交通総合研究所)を開催しますので、ご出席下さいますようご案内申し上げます。テーマは、「地域公共交通」です。今日、ビッグデータやAIが公共交通、観光のみならず物流等ほぼ全ての業態に大きな影響を与えることが予想されています。一方で使えるデータをいかに整備し分析するか、具体的な政策立案や経営にどう活かしていくかについては、今後の課題として具体的な活用事例やそのための技術や工夫が必要とされています。今回は、日本を代表する新進気鋭の二人の専門家が、交通に関わるITとオープンデータ、インフラとユーザー、情報提供とビッグデータ分析など多面的に話題を提供し、行政や事業の現場、それらの背後にある法的課題等への気づきを得ていただくことを期待しています。

 自治体法務に興味のある多くの自治体職員の皆様の参加・登録を受け付けておりますので、広く参加の呼びかけをお願いいたします。ご多忙のこととは存じますが、よろしくお願い申し上げます。

 

1、日 時  平成29年7月8日(土)午後1時30分から

2、場 所  岡山大学津島キャンパス 文・法・経講義棟2階 26番教室

3、テーマ  「データで視る公共交通の今とこれから」

        ~オープンデータやビッグデータを活用した社会的意思決定を目指して~

4、講 師  東京大学生産技術研究所 助教 伊藤昌毅氏(地域公共交通総合研究所研究員)

        ㈱トラフィックブレイン 代表取締役 太田恒平氏(元㈱ナビタイムジャパン シニアコンサルタント)

                                       (地域公共交通総合研究所研究員)

5、進 行  1.テーマ説明【伊藤】

        2.情報提供サービスとオープンデータから視た交通【伊藤】

        3.ビッグデータで視た交通の実態【太田】

        4.データを活用した社会的意思決定の在り方を考える【太田、伊藤及び会場を交えたディスカッション】

 

     ※参加希望の方は、Eメール(oatc-office@law.okayama-u.ac.jp)にて事務局まで出欠をお知らせ下さい。

○ 29年度第1回組織内弁護士研修のお知らせ

 OATCでは、平成29年5月27日(土)午後2時より、29年度第1回組織内弁護士研修会を開催します。講師として、向井亜希・広島銀行法人営業部金融サービス室アシスタントマネージャー・弁護士をお呼びします。向井氏は、東京の大手法律事務所からクックパッド株式会社を経て現在は広島銀行に転職され、法律事務所及び企業に勤務する上で感じた違いやインハウスとしての仕事の面白さなどについてお話しする予定です。企業法務に関する理解を深めるよい機会と思いますので、万障お繰り合わせのうえご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。

 

1、日 時:平成29年5月27日(土)午後2時から午後4時頃まで

2、場 所:岡山大学総合研究棟 共同研究室(2階)

3、テーマ:「法律事務所からIT企業へ~企業内弁護士の醍醐味~」(仮)

4、講 師:向井亜希氏(広島銀行法人営業部金融サービス室アシスタントマネージャー・弁護士)

              (JILA中国四国支部副支部長)

 ※参加希望の方は、Eメール(oatc-office@law.okayama-u.ac.jp)にて事務局までお知らせ下さい。

○ 第18回 岡山行政法実務研究会のご案内

 第18回岡山行政法実務研究会を「条例制定権の限界~憲法学・行政法学の視点から~」をテーマに開催します。

 今回は、①行政法学の観点から、条例制定権の限界に関し、法律と条例の抵触問題にかかる議論を整理・紹介すると共に、②条例が違憲とされた最近の裁判例を素材に、条例制定に際して憲法の人権保障をどのように考えるべきかについて、広く検討したいと考えております。是非、ご参加下さい。

 また、本研究会は自治体法務に興味のある多くの自治体職員の皆様の参加・登録も受け付けておりますので本研究会への参加の呼びかけもお願いいたします。なお、登録していただいた方には、研究会のご案内をメールにて送付させて頂きます。

 

1 日 時  平成29年3月4日(土)午後2時から3時間程度

2 場 所  岡山大学津島キャンパス 文法経2号館2F法学部会議室

3 テーマ  「条例制定権の限界~憲法学・行政法学の視点から~」

        ・報告テーマ「法律と条例の抵触問題にかかる議論の現状」南川和宣会員(岡山大学教授)

        ・報告テーマ「地方分権時代の条例と人権保障のあり方」大島佳代子氏(同志社大学教授)

 

 ※参加希望の方または会員登録ご希望の方は、Eメール(oatc-office@law.okayama-u.ac.jp)にて事務局(岡山大 

  学法科大学院弁護士研修センター内)までご連絡下さい。

○ 組織内弁護士研修のお知らせ

 OATCは、平成29年3月11日(土)午後2時より、組織内弁護士研修会を開催します。講師として、下津秀幸氏(公正取引委員会課微金減免管理官)をお呼びします。下津氏は、公正取引委員会で課微金減免管理官(課微金減免申請の受理等を担当)として勤務されており、今回は、弁護士がどのように公正取引委員会の調査に関わっているのかを具体的にお話していただく予定です。公正取引委員会に関する実務をご理解いただくよい機会と思いますので、

万障お繰り合わせのうえご出席くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

►日 時  平成29年3月11日(土)午後2時から午後4時頃まで

►場 所  岡山大学津島キャンパス 文化科学系総合研究棟2階 共同研究室

►テーマ  「独占禁止法の概要と公正取引委員会における調査手続」

►講 師  下津秀幸氏(公正取引委員会課微金減免管理官)

 

※参加希望の方は、Eメール(oatc-office@law.okayama-u.ac.jp)にて事務局までお知らせ下さい。

○ 第17回 岡山行政法実務研究会のお知らせ

   第17回岡山行政法実務研究会を「空家対策特別措置法と立法過程」をテーマに開催します。

  今回は、空家等対策特別措置法の制定にご尽力され、また同法の法律専門書である解説書(共著『空家対策特別措置法の解説』(大成出版者))を出版された山下貴司先生(衆議院議員・弁護士)をお招きし、空家等対策特別措置法を通して地方自治に関する問題を汲み上げ法律へと繋げる立法過程に関し、山下先生のご経験を踏まえてお話ししていただく予定です。

  自治体法務に興味のある多くの自治体職員の皆様の参加・登録を受け付けております。

 

 日 時   平成28年12月17日(土)午後2時から 

 場 所   岡山大学 文・法・経講義棟1階 11番教室 

 テーマ  「空家対策特別措置法と立法過程」を予定しています。 

 講 師   山下貴司(衆議院議員・弁護士) 

       ※講演終了後、事務局より最近の空家対策特措法の動向等について30分程度報告する予定です。 

       ※参加希望の方→Eメール(oatc-office@law.okayama-u.ac.jp)にて事務局まで!